譚仔三哥雲南米線の「トマトスープ米線」

0
Tags , ,

 

 香港のライスヌードルの中では新参者なのに、専門店が続々とできるほど人気の米線(マイシン)。もちもちと弾力があって、おいしいですよね。

 私がよく食べるのは「譚仔三哥雲南米線」というチェーン店のものです。特に最近は、「過橋米線」という具をありったけ乗せた豪華版を、トマト味の湯底(スープベース)に変えたものばかり。このトマト味は3時以降でないと食べられない特別メニューなので、お腹が空いても3時までひたすらガマン

 やや甘くて酸っぱいスープに、エキストラで辛味をほんの少し足してもらうと、絶妙な味加減に。どうしたらこんな味が出せるのかな〜私には再現できないな~くやしいな~それにしてもおいしいな~と毎回頭の中をぐるぐるさせながら味わっています。

20151228mai1

 ふつうの米線の1.5倍量はあって、まるで火鍋のようなボリュームなので、いつも夫と1杯をシェア。ひとりでこれを食べきれるのは、男子中高生くらいではないかしら。

 そんなに空腹ではないときはふつうサイズの米線にして、トッピングにレバーとキクラゲをチョイス。甘酸っぱいトマト味にレバーの風味がとても合うのは意外な発見でした。

20151219mai2

 これをふたりでシェアするのはさすがにお店に申し訳ないので、飲み物や小皿料理を足して、それでも100ドルでおつりがくるのだから、最近の物価高の香港にしては、ずいぶんリーズナブルです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>