ゆばと銀杏の甘いスープ

Categories 香港味探検
2

 

 中華仕様の食器が好きで、中でも、お碗が可愛いなぁ、と思います。

 香港には「汁もの」文化があると思いませんか。スープもそうですが、糖水(トンソイ)と呼ばれる汁状のデザートの豊富なこと。さまざまな色、柄、サイズのお碗が売られているのは、それだけスープや糖水がたくさん飲まれているからでしょう。食後に家族揃って糖水を食べる光景を香港のテレビドラマでよく目にしますが、男性も当たり前のように食べています。糖水はあっさりした甘味ですし、基本的に身体にいい食べ物なので、「甘いものはちょっと…」という日本人男性も、尻込みしないでいろいろ試してみてはいかがでしょうか。

 芝麻糊(ごまのおしるこ)、合桃露(くるみのおしるこ)などのように、ビロードのような舌触りに仕上げなければならない糖水は専門店に行って食べるとして、家庭でも簡単においしく作れる糖水、それが今日ご紹介する「腐皮白果糖水(ゆばと銀杏の甘いスープ)」です。私が最初に食べたのも日本で香港人の留学生が作ってくれたお手製のもので、中華デザートといえば杏仁豆腐くらいしか知らなかった私は、その素朴で家庭的な味にびっくりしてしまったのでした。

 豆乳の良質な植物性蛋白質の固まりであるゆば(腐皮/フーペイ)を煮溶かして再び豆乳状にし、そこに銀杏(白果/バーッグォー)とはと麦(薏米/イーマイ)を加えます。銀杏は肺を丈夫にし、はと麦は利尿効果、強身作用がありますから、デザートというより健康食品。これがスタンダードな「腐皮白果糖水」ですが、欲張りな香港人は、さらにゆで玉子を加えて蛋白質を強化。甘い糖水にゆで玉子がごろんと入っているなんて日本人には想像がつきませんが、香港ではごく当たり前の食べ方です。  

 大豆には解熱作用があり、身体にいいといわれる豆乳も中国医学では「微寒に属する食べ物」とされ(つまり身体を冷やす働きがあるということ)、胃腸が弱っている時はあまり飲まない方がいいとされています。うちの夫の叔父一家は何かというとバーベキューをするのですが(いかにも香港人、ですね)、その時必ず「腐皮白果糖水」を用意します。バーベキュー会場が屋外の森林公園のようなところでも、大なべをかついでやって来るので初めは驚いたのですが、「バーベキューといえば熱気(身体に熱がたまる)の食べ物」というのが香港人の常識なので、この糖水を食べてバランスをとるよう配慮したのでしょう。おいしくて身体にいい糖水のためならなべの重さも何のその、という香港人の情熱には感心してしまいます。(2002.3.23掲載)

 

<腐皮白果糖水 ゆばと銀杏の甘いスープ>

材料(5〜6人前):

ゆば 100g
銀杏(殻と薄皮をむいたもの) 20粒
はと麦 30g
水 2リットル
冰糖(ビントン) 120g

作り方:

1.ゆばは適当な大きさにちぎり、水に約1時間浸す(水分を吸って色が白くなる)。
2.深なべに湯を沸かし、水気を切ったゆば、銀杏、はと麦を入れ、中火で40〜50分(ゆばが溶けるまで)煮る。
3.豆乳状になったところで氷糖を加え、溶けたらできあがり。
*はと麦は「生薏米」と「熟薏米」の2種類ありますが、「生」の方を用います。冰糖は氷砂糖のことですが、なければ普通の砂糖でかまいません。その場合は若干量を減らした方が、甘さがくどくならないようです。

2 thoughts on “ゆばと銀杏の甘いスープ

  1. 香港に来るようになった当初は、「許留山でマンゴー系の☆☆」でした。でも、「甘過ぎる」とか「果物ならジューススタンドで」などと感じるようになった頃に甜品舗を知りました。以来、だんだん糖水系へ。控え目な甘さや素材の珍しい取り入れ方とか組み合わせ。店によって異なる表記。こうしてご紹介くださる効能(?)にも興味を持つようになりました。でも、涼茶も糖水も種類が多くて、望む効能に応じて選ぶということは、とてもじゃないが出来ません。(笑)
    括って言ってしまえば「医食同源」が表れているひとつなのでしょうか?「おなじ飲食するのなら、せっかくだから身体に良いものを」という皆さんの気持ちが、けっして仰々しくなく自然に表れ選択できる食べ物なのかな?そんなことを思うように。それが大人の男性がお一人で味わっておられる姿にも繋がるのかなって思うようにもなりました。

    話題がそれますが、ホテルで寝不足のため十分休めていない所に加えて、街歩きをしすぎて疲れや暑さでしんどくなる・・・これって「身体に熱がたまること」なのでしょうか?甜品舗や涼茶舖で選ぶ時、「疲れてしまった時」は何を選ぶと良いのか、いまだに迷うのです。もし教えていただけるなら嬉しいです。「熱がたまる」って?「そんなときはお店でなら何を(おっしゃる大豆以外なら)?」・・・知らないことばかりで、いつも香港で困ります。(笑)

  2. Noriko on

    こえだ様

    コメントをどうもありがとうございます。
    いただいていたコメントがスパムの方に紛れ込んでいて、気づくのが遅くなりました。申し訳ありません。大変失礼いたしました。

    私も、香港が好きで旅行で訪れていた時は、それはもう、朝から晩まで歩き回ったので、くたくたになりました。そんな時は、香港人の真似をして、涼茶舗に行き、立ち飲みで涼茶をくいっ、と。通ぶって「廿四味(ヤーセイメイ)」を選びました。これはいろんな漢方が入った万能茶です。もちろん暑さや疲れにも効きます(はずです)。が、すごーくまずいです。あまりの苦さにパキッと目が覚めますので、そういう意味では「気付け」にいいかもしれません。しばらくはやせ我慢して「廿四味」を飲んでいましたが、今は、「雪梨茶(梨を煮出したもの)」や「蔗汁(サトウキビジュース)」を飲みます。優しい甘さで、身体がすーっと涼しくなります。

    疲れをとるためだったら、本文にもあるように、お好みの糖水にゆで卵を足すことです!香港人はこれでエネルギーチャージした気分になるみたいですよ。実際、お腹にたまるので、空腹からくる疲れには効きます。

    でも私の経験からいうと、疲れたらホテルに戻って昼寝をするのが一番です!
    香港なら、どのホテルからでも、行きたいところへ短時間で行かれるし、夜も長いですしね。早茶から宵夜まで、おいしいものを食べまくってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>