インゲンとひき肉の炒めもの

Categories 香港味探検
2
Tags ,

 

 このブログを読んでくださった方から、「インゲンとひき肉の炒めもの」のレシピを教えてください、というメールをいただきました。「干扁四季豆」もしくは「干炒四季豆」のことです。

 2007年の1月に読売新聞の「香港味探検」で紹介しているのですが、探してみたら、レシピ以外のデータが全く残っていませんでした。

 なのでとりあえず、ここでポイントのみ記しておきますね。

 この料理の味のポイントは、干しえび(蝦米)と橄欖菜です。橄欖菜は、カラシ菜とオリーブの実を刻んで調味料と共にオイル漬けにしたもの。スーパーで、瓶詰めのものが売られています。

 メールを下さった方は日本在住なので、橄欖菜が日本で手に入るのかどうか調べてみたら、中華食材のオンラインショップで入手可能なようです。もしご近所にエスニック食材店等があれば、そこでも売っているかもしれません。

 もし手に入らなかったら…私だったら、(イタリア産の)黒オリーブの塩漬けを刻んで使ってみようと思います。ようは、オリーブの塩気とコクが得られればいいのです。

 それから調理のポイントをもうひとつ。

 インゲンは炒める前にゆでること。火の通りが十分でないインゲンは中毒を起こすこともあるそうです。

 レストランのインゲンの表面がしわっぽく、カラッとした感じになっているのは、高温の油通しをしているから。「干炒」とはこれを意味しています。もしご家庭でも油通しが可能ならば、もちろんそれがベストです。

 本来はインゲンが主役で、ひき肉は、橄欖菜と同様、味とコクを足すためにすぎません。なのにこの写真だと肉たっぷりなのは、うちの家族が豆嫌いなので仕方なく肉を増やした、という、全く個人的な事情からです(赤トウガラシを足したのも)。インゲンも、今回購入したものはよく太っていたので、3等分に切りました。レシピと写真が違ってしまい、申し訳ありません。

 

 

<干炒四季豆 インゲンとひき肉の炒めもの>

材料(約3人前):

ドジョウインゲン 300g
豚ひき肉 100g
Aしょうゆ 小さじ1
 かたくり粉 小さじ1
 油 小さじ1
ニンニク(みじん切り) 大さじ1
干しえび(水に浸して柔らかくしたものをみじん切り) 大さじ1
紹興酒 大さじ1
スープストックまたは水 50cc
塩 小さじ1/3
砂糖 小さじ1/3
橄欖菜 大さじ1
ごま油 少々

 

作り方:

1.ドジョウインゲンは筋を取り、両端を切り落としてから、半分に切っておく。
2.豚ひき肉にAで下味を付けておく。
3.鍋に湯を沸かし、インゲンを1分間ゆでて、ざるにあける。
4.中華鍋に油少々を熱し、ニンニクと干しえびを炒め、いい香りがしてきたら豚ひき肉を加えさらに炒め、色が変わったところで紹興酒を入れ、インゲン、スープストック、塩、砂糖を加える。
5.混ぜながら2~3分間炒め、ほとんど汁気がなくなったら、橄欖菜とごま油を加え、火から下ろし、皿に盛りつけ、できあがり。

2 thoughts on “インゲンとひき肉の炒めもの

  1. 豆は日本の日常でも好みなので色々いただきます。訪港中に欠かせない2品を挙げると「ひよこ豆のカレー」と「四季豆」。どちらもご飯が進んでしまうということが共通しているので、おなかを空かせて出向くように心がけています。(笑)
    四季豆も、お店によって本当に味に違いがあるようですね。好きなので、「???」と感じる事はないのですが、油が強い場合は食後に油負けしてしまいます。材料を拝見すると、出来上がりの味を左右する材料はいくつもあるような気はしますが、橄欖菜の影響も大きいのでしょうか?これを訪港の際に買い求めて来れば、自宅でも近いものが再現できるのかなあ。。。固形や粉末ならいいのですが、瓶詰ものだと潮州辣椒油を幾つも梱包するだけで精一杯です。重さもありますし、割れた後を想像すると怖いですし。(笑)・・・でも、次回さがしてみたいです。

  2. Noriko on

    こえだ様

    コメントをありがとうございます。

    橄欖菜、お薦めします。メーカーによって味つけが違うので、購入する際には、内容をよくご確認ください。しょうゆや砂糖で、わりとしっかりと味をつけたものがあるのですが、それだと見た目も味も海苔のつくだ煮そっくりです。

    お薦めは、調味料少なめの、塩味のものです。固めのお豆腐の上に乗せて蒸したらおいしいんじゃないか、と密かに思っています。今度試してみますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>