いちごミルク週間

 

以前、台湾のお土産にもらってとてもおいしかった糖村Sugar&Spiceのヌガーが、銅鑼湾(コーズウェイベイ)のHysan Place内にある誠品書店で買えると聞いて、さっそく行ってきました。

すると、いちご入りヌガーの新製品が!

ミルク風味の生地の中に、乾燥いちごが入っています。こんなヌガー、ちょっと珍しいのではないかしら。

ナッツ入りのヌガーに比べ、さっぱりと優しい味で、ヌガーのイメージが変わりそうです。

 

そして、ところ変わって、地元・大埔(タイポ)の街市(市場)にて。

いつも行く冷凍肉屋で、なぜか日本のいちご牛乳を発見。

香港では、いちご牛乳をなかなか見かけないので、なぜこんなところに!?とびっくり。
しかも3個で10ドルと言われて、2度びっくり。

どうやら賞味期限まであと10日なので、急いで売りさばかれているようです。
噂では、某高級日系スーパーで1個12ドルで売られているものなのですって。

あと10日なら、楽勝で消費できてしまう我が家。もちろんどっさり買い込みましたよ。

いちご牛乳は子供の頃から大好きで、いつも飲んでいたので、私にとってはまさに日本の味です。香港の赤い色のお菓子は、ほとんどがいちご味ではなく、ラズベリー味なんですよね。久しぶりのいちご味、嬉しいな〜。

 

しあわせな一週間でした。

 

 

 

 

2 thoughts on “いちごミルク週間

  1. 思いがけず日本のものと出会うと驚くやら嬉しいやらですね。しかもイチゴミルクですか~。日本でもそうそう売っていないモノだったりします。(笑)やっぱり商品名に「北海道」って付くと、香港だと絶大な支持を受けるのでしょうか。日本ではそろそろイチゴの季節がピークを過ぎようとしています。僕の住まいは九州ではありませんが、博多の「あまおう」なんて、日本どこでも人気品ですね。香港でのイチゴはどこから来るのでしょうね。
    大埔は、いつも訪港のたびに、新明發に盅飯を食べるためだけに行きます。ホテルのある上環から、そのためだけにエイヤッと出かけます。(笑)

  2. Noriko on

    こえだ様

    コメントをありがとうございます。

    香港のスーパーに並んでいるいちごはアメリカ産や韓国産が多いです。日系スーパーに行けば日本からの輸入いちごが買えますが、1パック200ドルくらいするので、とてもじゃないけれど手が出ません。
    街市では香港の有機農場で作っている露地もののいちごをちらほら見かけます。日本や韓国の品種で栽培しているらしいのですが、私が昔食べた限りでは、お味は今ひとつで、日本との違い(土壌?生産者?)を痛感しました。いちごのおいしさは日本が世界で一番ではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>