柑桔ウィスキー2012

0


 ついに3年目を迎えた旧正月の柑桔を使った果実酒作り。

 

 最初の年の柑桔酒は、とっくの昔になくなり、昨年ウォッカ瓶3本に作った柑桔酒は、残り1本となりました。

 

 今年も仕込まねば、と思っていましたが、今年は趣向を少し変えて、ウィスキーで浸けてみました。トロントに住む義弟からお土産にもらったカナディアンウィスキー。どの程度の等級のものなのかは、当方、お酒に全く詳しくないので全然わかりません。

 

 昔、イギリスで買ったスコッチウィスキー入りのマーマレードがとてもおいしかったので、柑橘とウィスキーは相性がよいのではないか、という期待を込めて。

 

柑桔 920g
氷砂糖 250g
ウィスキー 1000cc

 

 ウォッカベースの柑桔酒レシピから割り出した配合ですが、氷砂糖はやや少なめにしました。ウォッカの方は柑桔の風味がストレートに出ていて、とろりと甘いところがおいしいのですが、ウィスキーならややビターにした方がいいような気がしたので。

 

 しかし結論から言うと、もう少し減らしてもよかったです。

 

 2月10日に浸けて、取り出したのが3月12日。ウォッカの時は苦みが出るのが嫌で、早々に引き上げましたが、今回はビターな風味を狙ったので、約1ヶ月浸けてみました。2年前から果実酒を作り始めて学んだのは、実が沈んできた頃が引き上げ時らしい、ということ。オリがだいぶ出たので、濾しながら瓶に移し替え、そのとき味見をしてみたら、期待通りのビターな風味で、ウィスキーとの相性もよい感じ。ただ、もっと砂糖を減らしてさっぱりと辛口にするか、いっそのこともっと甘くしてマーマレードのようにした方がよかったかも、と思いました。中途半端に甘い。次回の課題です。

 

 冬になったら、お湯で割って、ホット柑桔ウィスキーでも作ってみようと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>