ローゼルのジャム

Categories 香港味探検
3

 

 1ヶ月くらい前から、我が家の近所の街市(市場)で見かけるようになった不思議な植物。色は深紅で、花のつぼみのような形をしています。

 どうやって食べるのか、ずっと気になっていたので、先日、店の人に尋ねてみました。すると、「お茶のように入れて飲む」「砂糖と煮てパンに乗せて食べてもよい」という答え。果物屋ではなく八百屋の店先に並んでいるので、てっきり野菜の一種と思っていた私は、予想外の答えに、ますます混乱してしまいました。

 「洛神花」という名前を教えてもらい、家に帰って調べてみたところ、ハイビスカスティーの原料でもあるローゼルという植物であることが判明。実は、沖縄でも栽培が盛んだそうで、日本語のレシピがいくつも出てきました。

 ローゼルは、中国語で、「洛神花(ロッサンファー)」あるいは「洛神葵(ロッサンクヮイ)」と言います。アフリカが原産で、現在は、熱帯、亜熱帯地域で広く栽培されています。中華圏では、台湾が、洛神花の蜜漬けを特産品にしていますが、実は香港でもたくさん栽培されており、今回私が2つの店で半斤(300g)ずつ購入した洛神花は、どちらも香港産の有機栽培のものでした。

 なぜ今までこの植物の存在に気づかなかったのでしょう。店の人いわく、「市場に出回るのが1年のうち2ヶ月だけなので、見落としたのではないか。今年は収穫が多かったので、目についたのだろう」ということでした。

 香港では、洛神花は、血を補い、美顔効果がある、と考えられているそうです。

 さて、肝心の食べ方です。

 洛神花は、花が散った後の萼(がく)が肥大したもので、中に黄緑色のたねが入っています。つぼみのような萼を開くとたねが見えるので、たねの付け根部分に小さなナイフ(またはカッター)を当て、グルリと切り込みを入れて、たねをはずします。たねを取り除くと、全体の重量は半分になります。生の洛神花は、ほんのりと柑橘系のさわやかな香り。

 最も簡単な食べ方は、たねを取った洛神花をコップにいれ、熱湯を注ぎ、しばらく置いてきれいなピンク色になった湯に蜂蜜を加えて飲む、というもの。あるいは、鍋に入れて、水と共に15分間ほど煮出す(リンゴも加えると美味だそう)のもよいそうです。黒砂糖をまぶした砂糖漬け(3日後から食べられる)もお薦め、と店の人に教えてもらいました。もちろんジャムにしてもよく、食べ方は、世界中で、ほぼ共通のようです。

 今回は、たっぷりの砂糖で煮て、ジャムにしてみました。洛神花は、ジャムに必要なとろみ成分となるペクチンを豊富に含んでいるので、ジャムがとても簡単にできるのです。ルビーのように美しく、しっかりとした酸味があって、クランベリージャムを思わせる味。パンに塗るだけでなく、ヨーグルトに入れたり、肉料理に添えたり、湯で割ってホットドリンクにしてもよさそうです。

 乾燥させた洛神花は1年中手に入りますが、フレッシュなものは今の時期だけ。沖縄では、晩秋から初冬にかけてのお楽しみとして珍重されているそうです。香港でも、もうすぐ店頭から消えてしまうので、もし興味のある方は、お早めに街市へ。(2010.12.4掲載)


<洛神花果醤 ローゼルのジャム>

材料(作りやすい分量):

洛神花(たね付き) 600g
水 200~300cc
グラニュー糖 300g

作り方:

1.洛神花は、水でよく洗った後、たねを取り除く(本文参照)。
2.鍋(できればホーロー引きのもの)に洛神花と水を入れ弱火にかけ、煮立って洛神花がしんなりしたら、砂糖を加え、絶えずかき混ぜながら煮詰めていく(とろみ具合を見て、水量を調節して下さい)。
3.15~20分経って好みの濃度になったら、火から下ろして、できあがり。消毒済みの密封容器に移して、冷蔵保存する。

3 thoughts on “ローゼルのジャム

  1. 河田日出男 on

    教えてください、ローゼルの実の外側に出る物質は何?甘い蜜のような物は何?教えて下さい。

  2. Noriko on

    河田さま

    コメントをありがとうございます。

    お尋ねの蜜状のものというのは、ジャムにした際に溶け出したペクチン(天然の多糖類。水溶性の食物繊維)のことでしょうか。砂糖と水で煮ることによってゼリー状になります。例えばいちごジャムだと、いちごに砂糖をまぶしておくだけで、いちごからたっぷり水分が出ますが、ローゼルは水分が少ないので、水を足してペクチンを引き出してやります。ローゼルはペクチンを豊富に含んでいるので、簡単にとろみがつきます。

    生のローゼルはとても酸味が強く、それ自体には蜜のような甘い成分はほぼ無いと思います。塩で漬けると梅干しの代用にできるほどです。

    今は10月ですが、香港の街市(市場)にローゼルが出始めました。日本では本当に沖縄でしか手に入らないのでしょうか。ルビー色がとても素敵な植物ですよね。

  3. yuko oldbridge on

    こんにちは、
    乾燥の洛神花でジャムを作るときも種を取ったほうがいいのでしょうか?
    お茶にするときは、今まで乾燥品をそのまま煎じてました
    香港の薬膳デザートにとても興味があるので
    このサイトを見つけられて良かったです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>