国際咖哩館の「アッサムエビカレー」

0
Tags ,

 

 夫の「黒チキン」、息子の「白牛タン」、そして、私の定番は「アッサムエビ」。
 長年、夫にならい、私も「黒チキン」派だったのですが、数年前に友人にこのエビカレーの存在を教えてもらってから、あっさり乗り換えてしまいました。

 「アッサムエビ」は、メニューに「亞三蝦」と書いてあります。

 「亞三」て何だろう、とずっと思っていました。ソースの材料が不明なだけでなく、この店は、メニューの名前も判じ物みたいで、読んだだけでは、味の想像が全くつきません。

 「亞××」は「××さん」という意味だから、「亞三」は「おみつさん」、とか?
 お妾さんのことを「亞二」と言うから、「亞三」は2番目のお妾さん、とか?

 いずれにしても、何となく、料理上手な女性が作ったカレーをヒントに考案したメニュー、を勝手にイメージしていました。

 そうしたらまさに昨日、給仕係のおばちゃんに「『亞三』って、どういう意味なのかしら?」と何気なく尋ねたところ、
 「アッサム、よ。シンガポールのアッサム! 漢字には意味がないのよ~」と言われたのでした。がーん。

 とはいえ、シンガポールのアッサム、とは何ぞや? インターネットで調べてみました(便利な世の中になりました)。

 シンガポールに「ラクサ」という有名なスープ麺がありますが、そのラクサの一種に「アッサムラクサ」というのがあるのだそうです。正しくは、シンガポールではなく、マレーシアのペナン地方の料理で、魚介類でとったダシをベースに、タマリンドで酸味をつけたスープ麺。

 これで謎が氷解しました。

 この「アッサムエビカレー」は、ココナッツミルクベースなのですが、蝦醤(エビペースト)の香りがほんのりして、酸っぱくて、サラサラしていて、タイカレーに近い、東南アジアっぽいカレーだなあ、と常々思っていたのです。

 「黒チキン」に操を立てている夫ですが、「アッサムエビ」も嫌いではないらしく、時々私の皿からひと口食べては、「う~ん、このカレーには、マジックがある!」。
 これは、うちの夫が料理に使う最大級の褒め言葉で、「人を引きつけて離さない不思議な魅力のある味。想像を超える味の組み合わせにビックリ!」というような意味でしょうか。決してグルメではないうちの夫ですが、言わんとすることは私もわかります。この「アッサムエビカレー」は、ゴクゴク飲んでしまいたくなるくらい、後を引く味なのですから。

 それにしてもですね、家族3人、三者三様、それぞれにお気に入りがあるので、毎回、3品注文しなければなりません。この店はひと皿の量が多いので、いつも最後はテイクアウトです。翌日のランチもカレーを食べるはめになるのですが、まあ、おいしいから、よしとしましょう。

 

 

亞三咖哩蝦(ライス又はチャパティが付いて85ドル)

国際咖哩館 湾仔大王東街26-30號地下


檢視較大的地圖

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>