フィリピンチキン

0
Tags

 

 以前住んでいた愉景湾(ディスカバリーベイ)にはインターナショナルスクールがあって、そこで年に1回開かれるフードフェアが、とても楽しみでした。

 生徒たちの父兄が、それぞれ国別にグループを作り、手作りのお国料理を食べさせてくれるのです。10数カ国からの生徒が集まる国際色豊かな学校だったので、料理を食べながら世界一周するような、とても楽しいイベントでした。

 そこでフィリピン人の父兄が、Adoboを作っていました。 Adobo、という名前は、日本にいた頃から知ってはいました。フィリピンの代表的な家庭料理であること。そして、それは酢で肉を煮込んだものだということも。

 初めて食べたAdoboは、汁気がたっぷりで、かなり黒く(ソイソースが特別なのでしょうか)、肉は、しっかりと煮込んであります。白いご飯と共に食べるのですが、なるほど、酢のおかげで、食が進みます。

 その後、フィリピン人のアマさん(お手伝いさん)たちにAdoboのことを尋ねたら、「じゃがいもを入れる」「ツナを使うこともある」など、人によって、家庭によって、いろいろな味があることがわかりました。

 Adoboというのは、もともとスペイン語で、「(マリネ液に)漬ける」という意味があるそうです。フィリピンでは、酢、しょうゆ、にんにく、香辛料をまぜたマリネ液に、肉(主に、豚バラ肉や鶏手羽元)を漬けてから煮る、というのが基本で、各家庭で、具や調味料を工夫し、それぞれの味を作るようです。

 このAdoboを、もっと食べやすく、野菜もたっぷり採れるようアレンジしたのが、我が家で「フィリピンチキン」と呼んでいる鶏肉の煮込みです。

 鶏手羽中を使うので、柔らかくて、Adoboより軽い仕上がり。酢は、ワインビネガー、アップルビネガー、はてはパイナップルジュースまで、いろいろと試してみましたが、どんな酢でもおいしくできました。

 食べる時は、スプーンとフォークを両手に持って、全体をよく混ぜながら食べると、より東南アジアっぽい気分で楽しめます。

 

材料(4人分):

鶏手羽中 12個(約400g)
にんにく(1粒ごとバラバラにして、薄皮をむいておく) 1個分
Aしょうゆ 50cc
 酢 100cc
 砂糖 小さじ2
 ベイリーフ 1枚
 こしょう 少々
卵 4個
玉ねぎ(薄切り) 適量
きゅうり、トマト(薄切り) 適量
香菜 少々
ご飯 4人分

 

作り方:

1.鍋に鶏手羽中、にんにく、Aを入れて、30分から1時間程度おく(時間がない時は、すぐに煮始めてよい)。
2.中火にかけ、煮立ってきたら火を弱め、2、30分煮る。
3.目玉焼き、あるいはポーチドエッグを作っておく。
4.皿にご飯をよそい、玉ねぎを乗せ、鶏肉を汁ごとご飯にかけ、きゅうり、トマト、卵を添え、上から香菜を散らして、できあがり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>